治療方法

癌ピンポイント治療

新しい放射線治療

放射線治療の理想は「癌細胞には最大の線量を、正常細胞には最小限の線量を」という言葉で表現されるように、がん細胞のみにピンポイントで照射することです。

しかし、癌細胞は体の内部にあるため、放射線が正常細胞を突き抜けないと、癌細胞には到達しません。従って、複数の角度から癌細胞へ集中して照射することで、正常細胞への影響を極力減らすという方法が試みられています。

この方法は定位放射線治療又はラジオサージャリーと呼ばれています。又粒子線を使った治療では癌細胞内部で最大のエネルギーが得られるようコントロールされています。

 

粒子線治療とは

近年、サイクロトロン(円形加速器)やシンクロトロン(同期加速器)等の加速器を使って、陽子や炭素の原子核を加速し、癌に集中して照射する治療法が確立されました。粒子の中でも陽子を使う粒子線治療を陽子線治療と言い、炭素の原子核を使う治療を重粒子線と言います。

この粒子線治療の特徴は粒子が運動を停止する直前に最大のエネルギーを放出するという性質(ブラッグピーク)を利用し、癌病病巣内部で粒子が最大のエネルギーを放出するようコントロールされているということで、従来の放射線治療では困難であった膵臓などの癌治療にも成果を上げています。

特に重粒子線治療では、X線やガンマ線で殺せないタイプの癌細胞も殺すことができます。しかし胃や腸のように不規則に動く臓器や、白血病のように全身に広がっている癌、広く転移した癌には対応できず、効果は固形腫瘍に限定されます。

 

 

X線治療と陽子線治療の違い

従来の放射線治療で使用されるエックス線やガンマ線は、がん病巣に対して体外から照射すると、体の表面近くで放射線量が最大となり、それ以降は次第に減少していき、体の深いところにあるがん病巣に十分なダメージを与えることができません。また、がん病巣以外の正常細胞にもダメージを与えてしまいます。
一方、重粒子線及び陽子線は、体の表面では放射線量が弱く、がん病巣において放射線量がピークになる特性(ブラッグ・ピーク)を有しています。このため、がん病巣をピンポイントで狙いうちすることができ、がん病巣にダメージを十分与えながら、正常細胞へのダメージを最小限に抑えることが可能です。

 

 

特に重粒子線は、陽子線よりもさらに線量集中性が優れ、がん細胞に対する殺傷効果が2~3倍大きいとされているため、照射回数をさらに少なく、治療期間をより短くすることが可能です。

 

 

 

重粒子線治療とは

重粒子線がん治療は、放射線治療法の一つで、炭素イオンを、加速器で光速の約70%まで加速し、がん病巣に狙いを絞って照射する最先端の放射線治療法です。

下記にて、国立研究開発法人 放射線医学総合研究所の「重粒子線がん治療」についての動画をご覧いただけます。

 

 

重粒子線がん治療は、限局性の固形のがん治療に適しています。
また、がんの近くにある正常な重要臓器への照射を避けることのできる治療法です。

 

 

トモテラピーとは

次世代放射線治療装置トモテラピー(TomoTherapy)も世界的に注目されている治療器です。このメカニズムは放射線照射装置をヘリカルCTの原理を応用し、放射線ビームを螺旋状に回転させながら患部のみ正確に照射することを可能にしたものです。この装置はピンポイント照射が可能だけでなく、複雑な病巣や一度に複数の腫瘍に対応できるというメリットがあります。

 

 

 

 

BNCTBoron Nectron Capture Therapy)ホウ素中性子補足療法とは

中性子を用いた放射線がん治療です。中性子と反応しやすいホウ素薬剤を腫瘍細胞に取り込ませ、中性子とホウ素との反応を利用して、腫瘍細胞のみを選択的に破壊する治療法です。

BNCTは、腫瘍細胞に取り込まれたほう素10Bと中性子との核反応により発生する強力な粒子線(アルファ線、7Li粒子)によって治療を行います(図1)。用いられる中性子はほう素10Bとの反応が大きな熱中性子をはじめとする低エネルギーの中性子です。

 

図 1 ホウ素化合物をあらかじめ投与しておき、腫瘍にホウ素が集まったときに熱中性子線を照射すると、ほう素化合物をほとんど取り込まない正常細胞はあまり大きなダメージを受けませんが、ホウ素をたくさん取り込んだ腫瘍細胞では細胞内部でホウ素と熱中性子の核反応が生じ、核反応により発生したアルファ線と7Li粒子が腫瘍細胞のみを殺します。大きな利点は、アルファ線も7Li粒子もおよそ10ミクロンしか飛ばないため、正常細胞を傷つけることなく腫瘍細胞のみが選択的に治療できることです。